東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

不倫が原因で離婚したい!弁護士の依頼前に不貞行為の証拠集めはするべき?

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/22

暴力や借金と並んで不倫は離婚の原因の一つです。相手の不倫が原因で離婚したい時に弁護士に相談するのは賢明なことです。離婚によってさまざまな手続きが必要になり、トラブルに発展することもあるからです。では、不倫が原因で離婚する場合には、不貞行為の証拠を集めることは必要なのでしょうか。

不貞行為の証拠は本当に必要なのか

モラルハラスメントや文字通りの暴力も耐えがたい試練ですが、配偶者の不貞行為は言葉では表せない深いダメージを与えます。裏切られたという気持ちに打ちのめされることでしょう。一生の愛を誓ったはずの相手が、別の異性と親密になることは重大な悪行です。もう二度と顔を見たくないと思うこともあるでしょう。

不倫が原因で離婚したい場合には、不倫が確かに行われたことを確証する必要があります。思い過ごしであるといわれて、逃げられることもよくあります。単なる勘では相手に不貞行為があったことにはなりません。証拠を提示することで、相手は不貞行為を認めざるを得なくなりますから証拠は非常に大切です。

とはいえ不倫の証拠といっても、何が証拠になるのかわからないことも少なくありません。証拠集めの際に法律を犯してしまうこともあり得ますから、自分の判断で証拠集めをすることはかなりリスクの高い行為です。不倫が原因で離婚しようと決心したなら、証拠集めをする前に東京都内の弁護士に相談することが賢明です。弁護士はどんな証拠を集める必要があるか、あるいはどのように集めるかを教えてくれるでしょう。

闇雲に証拠集めをして、アクシデントに巻き込まれては大変です。弁護士は法律のプロですから、離婚の進め方をサポートしてくれます。それに加えて離婚の際に必要な慰謝料や養育費の請求もサポートも受けることができます。相談は大抵無料なので、初回相談だけでも参考になるでしょう。

不貞行為の証拠に含まれるものとは

メールやメッセージに残された内容は不貞行為の証拠となります。もちろんその内容は肉体関係があった内容に限ります。不貞行為には配偶者以外の相手と肉体関係を行うことを意味します。もし何の肉体関係がなく、単に頻繁にやり取りをしていただけでは法律では不貞行為とみなされません。

当然ながら配偶者が異性と頻繁に連絡を取っていることは不快な行為です。法律に関わりなく、二人の関係に大きく影響を与えますからよく話し合う必要があります。

メールやメッセージを見て、肉体関係があったことを匂わせるものを発見したらまず写真を撮ります。その写真が証拠になりますから、焦点がぶれないように撮影しましょう。内容の中で愛称が使われていることに気づいたら、さらに連絡先から登録されている愛称が掲載されている部分も撮影します。それにより不倫相手を明確にできるからです。

さらに強力な証拠はホテルの個室で二人だけで撮影した写真です。場合によっては実際の行為の写真さえ見つかるかもしれません。日付も映るようにしながら、写真に収めておきます。写真撮影による証拠集めを行ったなら、削除されないようにデータのバックアップを行います。万が一削除されたときでも安心です。

別の方法は配偶者に自供させることです。いつ、どこでどのようなことを行ったかを話させ、録音をしておきます。これらは不倫が原因で離婚する場合に重要で、東京の弁護士に依頼したときに、証拠として提出できます。

証拠集めを自分で行うことのリスク

実際に自分で不貞行為の証拠を集めることは、精神的なダメージが大きいはずです。配偶者の不貞を知っただけでもショッキングですが、そのうえ証拠となるメッセージや写真を見るのは傷口に塩を塗るようなことです。

手元に証拠がない場合は、尾行して写真を撮らなければいけません。しかし見つからないように撮影することは危険ですし、見つかれば逆に訴えられることも考えられます。

証拠集めの際には分別を働かせることが必要です。自分でできることとプロに依頼した方がいいこともあります。専門の調査会社や探偵に依頼した方が安全に証拠を集めることができるでしょう。メールなどを見ることは自宅でもできるはずです。いずれにしても信頼できる東京の弁護士に相談するなら、踏むべき手順を教えてくれ離婚をできます。

自分の判断やネット情報に振り回されて行動するのはリスクが大きいといえます。不倫が原因で離婚する場合であっても、ケースごとに異なります。弁護士に依頼するときは離婚トラブルに詳しい弁護士に依頼するとスムーズです。無料相談で話してみて、この弁護士なら話しやすそうだと感じたら依頼するとよいでしょう。

無料相談をしたら絶対に依頼しなければいけないということはありません。自分にあった弁護士を見つけた方が心強いはずです。直接弁護士事務所に行くこともできますし、電話で相談できる事務所もあります。

 

不倫をされていたことを知ったら、相当のショックで立ち直ることは簡単ではありません。家族のために頑張ってきたのに裏切られたように感じるはずです。離婚には離婚届けにサインする以上のことが関係してきます。法律のプロである弁護士に相談することで後悔が残ることなく解決できるでしょう。

東京でおすすめの法律事務所一覧表

イメージなごみ法律事務所の画像丸の内ソレイユ法律事務所の画像弁護士法人心の画像東京離婚相談.com(河合安喜法律事務所)の画像ネクスパート法律事務所の画像
会社名なごみ法律事務所丸の内ソレイユ弁護士法人心東京離婚相談.com(河合安喜法律事務所)ネクスパート法律事務所
対応時間(平日)10:00~20:00
問い合わせフォーム24時間
(平日)9:00~18:00
問い合わせフォーム24時間
(平日)9:00~22:00
(土日祝)9:00~18:00(要予約)
(平日)9:00~20:00
(土曜)10:00~15:00
(平日、土日祝)9:00~21:00
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
離婚弁護士関連コラム