東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

弁護士を途中で変更することはできる?注意点とは?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/10

離婚を進めるために弁護士と契約したけれど、諸所の事情でほかの事務所に変更したくなるケースもあります。すでに契約してしまっているのに変更は可能なのか、不安に感じる人もいるでしょう。

結論からすれば変更自体は可能ですし、法的に問題のあることではありませんのでまずは安心してください。ただ、いくつか注意点もあります。

契約後の弁護士の変更は可能

離婚手続きのために弁護士と契約する人は多いでしょう。依頼する際には委任契約を締結することになりますが、この契約は依頼主の側からでも解除することに問題はありません。

一旦契約してしまったら案件が終了するまで他の専門家には変えることはできないのではと心配する人もいるかもしれませんが、法的に問題のある行為ではないので安心してください。

離婚においてもろもろの手続きを自力で進めるのが困難な場合、士業に代理人になってもらい、書類作成なども含めて代行してもらうことはとても有意義です。依頼主は一度士業と契約を交わした後でも、その契約を一方的に解除することが可能です。

原則として士業側が解除依頼を断ることはありませんし、本人から申し出があればスムーズに受諾するのが一般的です。委任契約は信頼関係のうえに成り立っていますし、一方的な解約は本音からすればあまり心証の良いものではありませんが、何らかの理由で信頼を得ることができなかったと理解するでしょう。

契約解除自体は特に揉めるようなことではないので、受諾したうえで必要な手続きがおこなわれるはずです。

契約を切り替える手順には注意

契約解除自体は問題ありませんが、解除する手順には少しだけ注意があります。一般的な流れとしては、まず契約している相手に連絡して契約解除を申し出ます。当然ながら理由についてもヒアリングがあるでしょうが、他の事務所に変更したいのであればそのまま伝えても特に問題ありません。その後必要な手続きをおこない、契約が解除されます。

そこであらためて新しい弁護士事務所へ連絡し、委託契約を締結したいという旨を申し出ればOKです。このように、現在締結している契約を先に解除した後で、新しく委任契約を結ぶのであれば何ら問題はありません。

ただ、契約が生きている状態で新しい事務所と契約してしまうと、トラブルになる確率が高くなるので注意が必要です。また、法テラスを介して契約したような場合には、まず法テラスの承認が必要になりますのでそちらに連絡をするのが先決です。法テラスの場合少し事情が異なり、同じ法律事務所に所属していても、法テラスと契約している弁護士もいればそうでない人もいます。

例えば同じ事務所だからと言って、法テラスに違う担当に変更するよう要請しても難しい場合がありますので、まずは法テラスの担当者に相談することが先になります。

契約解除しても戻って来ないお金がある

もう一つ注意すべきなのは、契約を解除しても着手金は原則戻って来ないことを認識することです。着手金無料という事務所であればいいですが、支払った場合は契約を解除しても原則戻っては来ません。

ただ、着手金を分割で支払う手続きをしている場合は、一部の費用だけは不要になる場合もあります。それも事務所次第なので一概に言えませんし、全額請求されれば分割払いの残りの分も支払う必要があります。

契約前に、万が一契約を途中解除した場合に着手金がどうなるかは確認しておくのが理想でしょう。精神的に疲労している中、なかなかそこまで用意周到に準備できる人は少ないとは思いますが、できるだけ不明点のないよう質問をしておきましょう。

また、どうしても依頼した弁護士の仕事に納得がいかない場合は、まずきちんと話し合いを持つことをおすすめします。対応が悪い場合、顔を合わせるのも気が重いでしょうが、話し合う時間を設けて信頼関係を修復することも大切です。不満を抱いている点を箇条書きにしておくのも良いでしょう。腹を割ったコミュニケーションによって、納得の行く対応を受けられるようになるケースもあります。

一番困るのは、相手が尊大な態度で聞く耳を持たない場合です。この場合、残念ながら改善の見込みは薄いので、弁護士を変えることを検討するのは正解です。できれば最初に面談したときにこうした態度がないか、言葉遣いが荒くないかなどもチェックしておくと、トラブルを回避できます。

ただ、仕事が遅かったり、依頼通りに動いてくれなかったりするのは、実際に仕事を始めてみないとわからない点です。仕事が遅々として進まないような場合は、依頼や要望を書面で送るなどして請求した証拠を残したうえで、改善されないなら変更を検討すると良いでしょう。

 

委任契約を締結した弁護士の仕事ぶりに納得がいかない場合、他の事務所に変えることは可能です。契約は依頼者側から一方的に解除することができますし、何ら問題のある行動ではありません。

ただ、他に変える場合は現契約を解除してから新しいところと締結する必要がありますし、支払った着手金などは返って来ないのが一般的です。できれば信頼関係を修復するために、一度時間を取って話し合いの場を設けることも検討してみましょう。依頼の打ち切りは最終手段ですので、腹を割ってコミュニケーションを取ることも大切です。

サイト内検索
離婚弁護士関連コラム