東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

離婚弁護士との契約期間はどれくらい?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/28

離婚問題を解決するために専門家に依頼することもあるでしょう。

解決できずに不利な状況になることが予測できるならば、少し費用をかけてでも法律での解決を検討しましょう。

少なくとも納得がいく結果を得ることできるはずです。

もちろん、契約するからにはどれだけの期間がかかるのかも知っておきましょう。

 

成果が得られるまでが期間になる

依頼者が満足できるまで、いわゆる問題解決できるまでを契約期間とすることが法律事務所での一般例です。契約書類には成果報酬についての記載があるように、契約期間については依頼者と弁護士間で話し合いが設けられます。

原則にとらわれず、1件ごとの事情に応じて問題を処理しなければなりませんから『この時・この日まで』とはいきません。契約事項には、言葉をかみ砕けば、相談する内容での成果が見られるまで、という記載です。

迅速に離婚問題を解決してもらいたい場合、法律家の知識、質が大きく関わってくるものです。離婚原因のランキングによれば、性格の不一致だったり、浮気などがあるようですが、紙切れ1枚ですぐにできるものではありません。

離婚弁護士との契約期間に通じる内容ですが、慰謝料や財産分与などの金銭問題がからんでいたり、親権や養育費などの子供のことについての問題もからんでくれば、それだけ難易度も高くなってしまい、期間を限定することができません。ですから『成果』という内容の契約締結なのです。

 

短期間で終わることも長期化することもある

また、離婚弁護士による契約期間は、協議・調停・裁判によっても違いがあります。

夫婦で話し合うのが協議ですが、親権や財産分配などを自分たちで決めるために、専門家からはアドバイスを受けるだけの短期間で済みます。しかし、意志が明確であっても、親権や財産分配について満足できない場合もあるでしょう。そのような場合には、調停がおこなえます。

東京の家庭裁判所によっておこなわれるのですが、家事審判官や調停委員が参加して進めるものです。専門家との契約上、親権や慰謝料などについて取り決めてから成立までに限定しているのならば、およそ3ヶ月から6ヶ月ともいわれています。

調停ならばまだしも、裁判となれば、終結するまでに必要となる期間はそれぞれ違いがあります。しかし裁判となれば、おおむね1年はかかることを実績ある担当者から説明がされるでしょうが、判決までいたる訴訟などが該当しています。

期間だけではなく、裁判ともなれば裁判所や法律事務所に出向く回数も考えておかなければなりません。対立が激しい場合には5回で終了するとは断言できません。

1ヶ月に1回のペースで裁判がおこなわれるケースが多いので、依頼者が満足できる成果(結果)であれば、1ヶ月あるいは2ヶ月で終結し、弁護士も契約満了となります。このように、早期に和解ができれば、訴訟でも迅速に解決することも可能なのです。

 

納得できるまで延長してみることも可

ちなみに、どこまで準備をしたりアドバイスをするか、専門家の携わりによる差もありますし、離婚弁護士としての経験・能力によって解決までの時間差もあります。したがって、有利にことを運ぶためには担当者次第、活用の仕方次第ともいえそうです。

大手の法律事務所での契約期間は、相談内容にもよりますが、慰謝料請求や親権問題、財産分与など、争点に強みを持つ弁護士が担当します。くわえて、周りの士業の連携によって短期間契約が多いようです。争点を整理し、主張を聞き、立証をする、こうした内容を離婚弁護士1人でおこなうにもかなり時間がかかってしまいますから、大手や実績でも選んでみましょう。

原因によって解決までの期間は異なります。浮気が原因で、なおかつ慰謝料請求であるならば、有利に進めるために証拠を集める・調査をおこなうなどにも時間がかかります。ですから、契約金も協議・調停・裁判によって差があります。契約期間が長期化するのは争いがあるときですし、争う相手が行方知れずという場合などです。

離婚弁護士に依頼する場合には、どこまで介入してもらうのかがポイントです。もちろん、ときには報われない結果になる場合も想定しなければなりませんが、延長するのかしないのか、担当者は依頼者の意見で動いてくれます。ですから、満足できなくとも納得できるまで契約することさえ可能ですから、諦めたくないのならば、まずは無料相談に応える法律事務所に足を運んでみましょう。

 

離婚弁護士との契約期間の問い合わせも多いようで、多くの夫婦が問題解決に利用しています。どれくらいかかるのか、それは結果であったり、依頼者の気持ちの問題でもあります。

いつまでに終結するとは断言できない問題がからむため、成果が得られるまでを契約とする書類が作成されているようです。それだけに、不透明さがないようにしっかり相談してから契約をおこなうことも大切ですし、担当者も契約内容についてはしっかり説明をおこなってから関与してくれるため、安心して依頼することができそうです。

サイト内検索
離婚弁護士関連コラム