東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

妊娠中の離婚したら親権はどうなる?

公開日:2020/04/15  

幸せな結婚生活がしばらくすると妊娠して次のステージへと楽しみになりますが、実はすぐ離婚を決意するカップルはそんなに少なくありません。そんなときに親権など話し合っても解決にはなりませんので、必ず法律の専門家となる弁護士を用意することが望ましいです。

家庭問題は法律の専門家に任せること

東京では妊娠中に離婚を決意する人がでる理由としては、女性は赤ちゃんを授かっている身体状況からホルモンバランスが崩れていて、日常生活でも精神的に不安定になることもあります。また男性は女性の不安定な精神状態を理解できずに浮気に走る人もいますので、女性にとってのダメージが大きくなり離婚の決意をすることになります。

また問題となるのは妊娠中にことが起こりますので赤ちゃんが生まれる前に離婚となると親権問題も含めて弁護士に相談をすることがベストです。東京には初回相談無料などをやっている弁護士事務所もたくさんありますが、やはりお願いしたいのは家庭問題に強いところになります。

家庭問題を専門としているところではスムーズな対応をしてくれることや、経験値が違いますのでお願いすることで頼りにできるからです。プライベートなことを赤裸々に話さなくてはいけないこともありますので、敬遠する人もいますが実際に任せることによってのメリットはあります。相談をする人ではお腹の赤ちゃんを抱えて今後の生活も含めた不安がある状態ですから、それらを解消できるのが弁護士の仕事といえます。

誰が子供の面倒を見るのかどうか

妊娠中で精神的に不安定になっていると、離婚で親権などの問題を不安に考える女性もいますが、これは結論からいえばお腹の子供は女性側にいきます。お腹にいる状態だといえどもこれから生まれてくる子供には変りはないので、通常であれば父親か母親のどちらかを選ばなくてはいけません。

しかし、生活環境において妊娠している状況を考えると、母親に親権がいくことが適切だと法律で判断されることが多いです。子供を監護することの義務があるので、これからの生活がひとりでは大変になることも考えられますので、法律で主張できることはやっておくことは問題ありません。

また未成年を教育する立場ということでは権利でもありますし義務でもあるために、同時に何かしらの理由によって財産管理などもやることになります。もちろん通常であれば生まれてくる前の子供に財産というのはないことが多いですが、ちょっとしたお金持ちや資産家の離婚では考えられることです。

どちらにしても女性のほうに親権がいくのは、裁判でも適切な判断としてありますが絶対ではありません。それは女性側に子供を育てるだけの見込みが薄い場合になり、犯罪行為など法に触れるようなことが関係してしまうと難しくなります。全体的な人間性や生活をもって法律では判断されますので、子供のために弁護士などを立てることは懸命なことだといえます。

また妊娠中ということを考えると、どうしても精神的に不安定というプレッシャーに負けてしまう人もいますが、それをフォローしてくれるので助かります。今では家庭問題を専門的に扱っている事務所になると、女性の弁護士が担当をしてくれて女性としても心が開きやすいこともメリットです。

今後の養育費についても考えること

気になるのが働くことができないので生活のために必要な生活費ということでは、男性からもらうことができる子供の養育費があります。これは普通に考えてすぐに養育費をもらうことができますが、これはあくまでも子供のための生活費ということですから、違った意味で使ってはいけないお金です。

もちろん子供のために使うお金ですから、将来を考えて生活計画を立てて自立した生活をすることを考えることは必要です。この養育費はいつまでもらうことができるのかというと、それは子供が成人するまで支払ってもらうことができますし、また話し合いによっては大学などの教育機関を終えるまでという条件もつけることができます。これらはお金のことになりますので、弁護士に依頼をしてどのように対応してもらうのか、毎月の支払日などの設定をやってもらうと楽です。

しかしお金の問題というのは人間のトラブルを生む原因ですから、お互いに違う道を選ぶとしても子供のことを考えてもらえるように良い関係を築いておくことも大事な要素といえます。これを勝手な判断によってお金がもっと欲しいとか、足りないといったことを考えてしまうと関係が難しくなるので法律に従った判断に任せることです。

 

人口過密地帯の東京では離婚率も高いこともありますが、妊娠中に弁護士に相談して問題となることも少なくありません。子供を授かっていると親権なども含めた養育費も考えなくてはいけないので、しっかりと対応してもらうことが必要となります。妊娠中はほとんどの場合、女性のほうに親権がいきますので、これからの人生を子供と一緒に考える教育をしなくてはいけないです。またどのような事情であれ養育費を払ってもらうには、相手にも子供とのいい関係を築いてもらうのも必要なことだといえます。

東京でおすすめの法律事務所一覧表

イメージなごみ法律事務所の画像丸の内ソレイユ法律事務所の画像弁護士法人心の画像東京離婚相談.com(河合安喜法律事務所)の画像ネクスパート法律事務所の画像
会社名なごみ法律事務所丸の内ソレイユ弁護士法人心東京離婚相談.com(河合安喜法律事務所)ネクスパート法律事務所
対応時間(平日)10:00~20:00
問い合わせフォーム24時間
(平日)9:00~18:00
問い合わせフォーム24時間
(平日)9:00~22:00
(土日祝)9:00~18:00(要予約)
(平日)9:00~20:00
(土曜)10:00~15:00
(平日、土日祝)9:00~21:00
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
離婚弁護士関連コラム