東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

離婚の確率が高い夫婦の特徴とは?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/26

離婚をする場合には、協議離婚ならばお互いあとくされなく別れることができます。しかしながら、そうでない場合には第3者を間にはさんで離婚協議などをおこなう必要があります。

では、別れる確率の高い夫婦とはどのような夫婦でしょうか。これを知ることであらかじめ別れることを防ぐことができるようになります。

浮気癖がある場合には問題が生じる

付き合っている間に、相手が浮気をするようなことがあります。浮気をする人は、ある意味それが当たり前になっているところがあり結婚しても治らないことがあるでしょう。この場合、離婚に発展する可能性が高くなります。

例えば、自分が浮気をされた場合、そのまま相手を許してしまうとだらだらと付き合うことになり、やがて浮気をよくするその相手と結婚をすることも考えられるでしょう。このような場合、結婚生活に入ったからといっても浮気癖が治るわけではありません。

結婚すると付き合っている場合と異なり、浮気から不倫に変化します。不倫に発展すると、問題は家族間にまで生じてしまい相手の家族に大きな迷惑をかけてしまいかねません。もし、過去に浮気をしたことがある人と付き合ってしまった場合には可能な限り結婚しないほうがよいでしょう。

もしその人が好きで結婚した場合には、再び別の異性と関係をもつ可能性も高いわけです。そのような異性と結婚した場合には、少なくともほかの異性がいても許すだけの心の広さが重要になります。それをすることができない場合には十分監視をしておきましょう。話し合って解決するようなものではありませんので、何かあった場合は離婚をする覚悟も決めて生活をしていくべきです。

DVなどが日常的におこなわれている

過去の離婚の理由を見ていくと、夫婦のどちらかにDVをする人がいる場合は離別に発展する可能性が高いことがわかっています。DVをする人の特徴は、自分が一番偉いと考えて相手が自分の思い通りに動かないと暴力を振るタイプです。そのため、結婚生活が始まったとしても相手の言いなりにならないと暴力を振るわれる可能性が高くなります。

しかも、だんだんとエキサイトしていき、今までは暴力を振るわなかったような出来事でも平気で暴力を振ることが考えられるでしょう。よくある例としては、夫が帰ってきて妻のほうが先にお風呂に入っている場合です。夫のほうが一番風呂に入りたかったのに、妻がお風呂に入ってしまった場合お風呂から出た妻に殴りかかるようなことがあります。

小さな子供がいる場合には、子供のペースに合わせなければなりませんが、それすら許してくれないこともあり得ます。あるいは、子供がいて子供の世話で妻がなかなか夫との時間が取れない場合、夫はそれに腹を立てて暴力を振るうこともあります。そのような家庭は、陰で毎日性暴力がおこなわれている可能性が高いです。例えば、妻は夫に対して性欲を抱いていないのに夫の暴力は怖くて身体を許してしまうようなパターンです。

ある程度まで我慢することができても、その生活に限界を感じるなら逃げ出してしまったほうがいいでしょう。つまり、DVをする配偶者から逃げ回るわけです。このようなときは、第3者機関などに依頼して問題を平穏に解決していかなければいけません。相談する勇気をもつことが被害者には必要なことです。

相手のことをさっぱり理解していないパターン

離婚するパターンとして最も多いのは性格の不一致になります。性格の不一致は、性行為をしていないことと解釈をされることが多いです。お互い理解し合いないと、性行為がなくなってきて別れに近づく傾向があります。

例えば、男性は男性の都合で女性を性行為に誘うことがありますが、女性としては必ずしも男性のように性欲があるとは限りません。一方女性は女性で、男性の性欲のことは考えず自分の都合で相手のことを拒むでしょう。

基本的に男性と女性は違う生き物で考え方なども異なります。性行為の考え方の違いを見てみると、男性の場合は性欲が常にあり、配偶者と身体の関係をもち射精してようやく性欲が収まる仕組みになります。一方で、女性の場合には性行為をすること自体に満足感を得ることが多いです。これは、男性のように性欲を満たすという意味よりも精神的な満足感を手に入れることが性行為の目的とされています。

そうだとすれば、男性側からすれば単に自分の性欲の発散のために相手を誘うのではなく、相手が満足してくれるように常日ごろから女性の家事や育児も手伝いをするなど細かい気配りが重要になってきます。そうすると女性のほうもこの相手と性行為をして満足できるに違いないと考えるようになるはずです。女性側も、男性が求めているものをよく理解して付き合ってあげることも重要になります。

 

よく離婚するカップルの特徴の一つは、浮気や不倫を平気ですることです。浮気や不倫は癖になっている傾向があるため可能な限りそのような相手と付き合うことは避けるべきですが、そのような相手とわかっていながら結婚したならば許してあげる気持ちも必要になってきます。

次に、DVが別れの原因になることが多いです。これも次第にエキサイトしてきて状態がひどくなってくることがありますので早い段階で第3者機関などに相談することが必要になります。後は、お互いのことをよく理解していない場合も別れの原因になりやすいといえるでしょう。

サイト内検索
離婚弁護士関連コラム