東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

弁護士に離婚の無料相談をする際どんな話ができる?

東京の弁護士では無料相談をおこなっていることが良くあります。

無料で相談することができるということから、相談に対するハードルを下げる効果があります。

ただ、安易に相談に行こうとしてもなかなか効果が上がらないことも十分にありますから、ある程度準備をする必要があります。

 

離婚問題に強い弁護士をうまく選ぼう

弁護士は法律の専門家ですから、さまざまな法律問題について熟知をしていますが、離婚問題にあまり強くない人も中にはいます。刑事問題・交通事故・遺産相続・労働問題・借金問題などさまざまな法律問題がありますので、どの弁護士がどの問題に強いのかということを確認する必要があります。

そのため無料相談を利用するのであれば、離婚問題に強い人を選ばなければいけません。そういう人を選ばなければ、相談者の思いに馳せることができないはずです。相談者のことについて共感することができませんので満足度が低くなります。

具体的にどういう風な相談が考えられるのかと言うと、異性と別れたいとか、親権を取りたい、養育費を毎月請求したい、財産分与をきちんと決めたい、慰謝料を請求したいなどがあります。

無料ですのでそんなに深いところまで話ができるというわけではありませんが、解決のきっかけにはなる可能性があるでしょう。専門家に相談をすることによって、どのように解決すればいいのかと言うのがクリアになりますので、そのうえで解決に向けて本格的に依頼するのかどうかを決めればいいということになります。

最初のきっかけづくりのために無料で相談をしてみるのもいいことです。

 

無料相談を使ってうまく見極めるようにしよう

無料相談というのはあくまで、問題解決のために正式に依頼するのかどうかを決めるためにあると言ってもいいでしょう。昔であれば無料で相談できるということすらできなかったはずですし、無料で相談できたとしても離婚にそれほど強くない法律家しか対応していないということもあったはずです。

しかし現在ではどの法律事務所であっても無料で相談できるチャンスが広がっていますので、ぜひともそういう機会を活かしたほうがいいです。

無料で相談できる機会を活かすことにより、どの弁護士と相性が良さそうなのかということをチェックすることができます。相性の悪い人を選んだとしても、決してプラスになることはありません。実際に相談しないことには相性のチェックをすることができませんので、無料で相談できる場を大切にするべきです。

無料での相談というのは電話やメール、面談の中から選ぶことができ、相談者の都合に合わせて利用することができます。面談の場合は相性を確かめるのに一番ふさわしいですが、アポを取るために予約をする必要があります。

電話の場合はすぐに対応してもらえますが、やり取りが残らないという問題があるでしょう。メールの場合は対応まで時間がかかりますが、やり取りがきちんと残ります。それぞれ一長一短ありますので、自分が相談しやすい方法をセレクトすべきです。

 

効果を出すためにある程度準備をしておこう

無料で相談するというのは言っても、無制限に相談ができるというわけではありませんので、効果的に使うためにある程度準備をしないといけません。単なるお悩み相談ではなく、具体的に解決を求めるのであれば、きちんと論点を整理していくべきでしょう。

無料相談を有効に使うのであれば、最終的にどうしたいのかということをはっきりさせるべきです。そこのところは不安定だと相談したとしてもあまり効果がなかったりします。そのためにどういうことで悩んでいるのかということも合わせていったん整理をしておきたいポイントです。無料での相談であれば時間が限られることもあるでしょうから、きちんと整理をしていないと、時間ばかりが経ってしまいます。

相談する前に、自分が起きている離婚問題についてインターネットなどでどのように解決するのかということについてチェックしておくことをおすすめします。事前にチェックすることにより、相談の質がアップしますし、弁護士から説明してもらう内容の理解度が全然違います。

離婚問題において解決したいことがあるならば、何らかの証拠が求められることが多いです。相談の段階で証拠があるのであれば、もっと具体的な解決方法を提示してもらえる可能性が高くなるでしょう。

 

東京であれば、離婚問題を取り扱っている弁護士はとても多いですし、その中で無料相談にも応じてくれる人はいます。無料相談ができるからと言って、離婚問題に明るくない弁護士を選ばないのは時間の無駄です。

無料で相談した専門家は正式にお金を出して依頼する対象になることが多いですので、その見極めのために利用するのが当然のことになります。無料で相談をしたとしても、単なるお悩み相談ではないですから、何らかの問題について解決を図る必要があります。

解決を図るのであれば、相談者のほうがきちんと論点を整理したうえで相談に臨みましょう。あとは事前に問題についてインターネットで調べておいたほうが効率的な相談ができます。

サイト内検索
離婚弁護士関連コラム