東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

親権放棄とは?可能になる条件や手続きの流れをご紹介!

公開日:2022/12/15  最終更新日:2022/11/18


お子さんがいるご夫婦が、離婚することとなったときに、問題となりやすいのが親権です。よく聞くのは、どちらが親権を持つかですが、さまざまな事情から、親権の放棄を選択する方もいます。この記事では、親権放棄とは、どんなものなのか、どんな場合に認められるのか、親権放棄のメリット・デメリットを、ご紹介します。

親権放棄とは?

「親権放棄」とは、字の如く、親権を手放すことを言います。では「親権」とは、どういったものなのでしょうか。

親権とは、未成年の子どもを持つ父母の、子どもに対しての、身分上・財産上の、権利・義務のことです。親権というくらいですから、親の権利という認識で、間違いではありません。しかし、それと同じくらい、義務という意味もあります。

具体的にいうと「身上監護権」と「財産管理権」の2つが、親権を構成しています。未成年の子どもは、1人で社会には出られません。親権は、権利であると同時に、子どもを守る目的の、大きな義務です。そのため、原則として、親権の放棄は認められません。

諸事情により親権を手放さざるを得ないケース

原則、親権を放棄することは、認められません。しかし、やむを得ない事情により、親権を手放さざるを得ないケースもあります。代表的な、5つのケースを紹介します。

︎ケース1
経済的に困窮している

親権者が、経済的に困窮しており、子どもの養育が難しい場合に、親権放棄が認められる可能性があります。たとえば、親権者が失業などにより、食費も捻出できないほどになってしまった場合などです。

︎ケース2
重い病気や怪我を負っている

親権者が、重い病気や怪我により、子どもを見守ることができなくなると、親権放棄が認められることがあります。

︎ケース3
海外に転勤してしまう

親権者が、仕事の都合で、海外に転勤することになり、子どもの都合や、転勤先の国の状況などから連れて行けず、養育が難しいと判断された場合は、親権放棄が認められることがあります。

︎ケース4
親権者の服役

親権者が犯罪により、実刑判決を下され、服役することとなった場合は、期間にもよりますが、子どもの養育が厳しいと判断され、親権放棄が成立することがあります。

︎ケース5
再婚

親権者が再婚することになり、相手の都合上、一緒に生活できない場合は、親権放棄が認められることがあります。

親権放棄が認められる条件

上記で紹介したケースは、親権放棄が認められることが多い例ですが、そのほかにも、裁判所が、やむを得ない事由として認めれば、親権放棄が成立します。ここからは、手続きの流れも踏まえて、親権放棄が認められる条件を、解説します。前提として、裁判所を通さない親権放棄は、認められません。

これを認めると、まだ、適切な判断を下せない未成年者と、一方的な親権放棄の契約を結ぶケースが、想定されるからです。親権放棄を、法的に正しく行う方法は「親権の辞任」と「親権の変更」の主に2つです。

︎親権の辞任

親権の辞任とは、上記で紹介したような、やむを得ない事由がある場合に、親権者が、権利の放棄をできるようにした制度です。これは、親権放棄をすすめるものではなく、子どもの安全性を考えた上で、やむを得ず認められる手段です。家庭裁判所の許可が出た場合に限り、親権放棄の手続きが進むことになります。

︎親権者の変更

親権放棄のひとつとして、親権者の変更があります。親権者の変更を申請できるのは、親権者本人だけでなく、親権者ではない者がすることもできます。家庭裁判所の審判・調停により、親権者の変更手続きは行われます。

︎親権の回復

親権放棄にいたった、やむを得ない事由が消滅した場合は、元親権者は「親権の回復」を求めることができます。この手続きにも、家庭裁判所の許可が必要です。一度親権を放棄した人が、再び親になって問題はないかなど、子どもの心を中心にして、さまざまな審議が行われます。

親権放棄のメリット・デメリット

最後に、親権放棄のメリット・デメリットを紹介します。親権放棄のメリットというと、聞こえが悪いかもしれません。しかし、ここまで何度も述べたように、親権放棄は、やむを得ない事由がなければ、認められません。未成年者のことを、第一としての法律ですので、親権放棄が、一概に悪いというわけではないのです。

︎親権放棄のメリット

親権放棄の最大の目的は、養育が困難な状況で生活し続け、親子一緒に倒れてしまうのを避けることです。最悪の場合、未来のある命が、なくなってしまう危険性もあります。そんなことが起きないように、親が、親権放棄を選択することで、子どもの福祉を守るのが、最大の目的であり、メリットです。

︎親権放棄のデメリット

親権放棄のデメリットは、やはり、お子さんの精神的な部分でしょう。もちろん、親権放棄されたすべての子どもを、ひとくくりにすることはできません。しかし、親権放棄というものを理解できる年齢のお子さんだったら、それぞれで思うことはあるでしょう。また、親の観点から見ても、親としての権利・義務を、法的に失うことになります。自分で選択したことだとしても、心残りとなるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事では、親権放棄の内容、親権放棄が認められる条件、親権を放棄するメリット・デメリットを紹介しました。親権を放棄するにいたるまでには、やむを得ない事情があります。親権を放棄するか悩んでいる方は、辛いかもしれません。親権放棄を選択した方は、自分を責めることも、あるかもしれません。しかし、親権放棄は、法律できちんと定められています。まずは、ご自身とお子さんのことを第一に考え、周りの力も借りながら、選択していってください。

東京でおすすめの法律事務所一覧表

イメージなごみ法律事務所の画像丸の内ソレイユ法律事務所の画像弁護士法人心の画像パーソナル法律事務所(旧河合安喜事務所)の画像ネクスパート法律事務所の画像
会社名なごみ法律事務所丸の内ソレイユ弁護士法人心パーソナル法律事務所(旧河合安喜事務所)ネクスパート法律事務所
対応時間(平日)10:00~20:00
問い合わせフォーム24時間
(平日)9:00~18:00
問い合わせフォーム24時間
(平日)9:00~22:00
(土日祝)9:00~18:00(要予約)
(平日)9:00~20:00
(土曜)10:00~15:00
(平日、土日祝)9:00~21:00
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
管理人紹介

サラリーマン
はじめまして。昨年離婚したばかりの30代サラリーマンです。離婚するときは離婚届に判を押して提出するだけかと思っていたのですが、そうはいきませんでした。弁護士はそれぞれ得意な分野があります。僕が離婚するときに調べたことをみなさんにも共有したいと思いサイトを立ち上げました。当サイトでは、東京の離婚相談を得意とする弁護士に関するさまざまな情報をユーザー様に紹介します。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。