東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

モラハラとは?離婚問題の事例と無料相談先

モラハラとは?離婚問題の事例と無料相談先

 

モラハラについては知られるようになってきていますが、こうした問題で離婚を検討する人もいます。
モラハラで離婚をするのは大げさなようにも思えますが、当事者は至って本気なので注意しておきたいところです。
ここではそんな離婚問題の事例などについて紹介します。

 

どのような時に離婚をするのか

○離婚をするケース
いろいろとあります。
◆例えば、家柄についてモラハラされたことで離婚をするというケースがあります。
たとえば、家柄が低いために特定の事案について発言権がないといったようなことが結婚後に起こることがあるのです。
家柄についての意識は希薄になっていますが、それでも依然として家柄について気にする人が多いので気をつけておきたいところです。

◆とくに一般人が格式高い家計の人と結婚した際にこうした事例が起こりやすいです。
家柄が低いだけで人格否定されたなんて事例もあるほどです。

 

○こうしたモラハラなどで困ったという際には
無料で相談できるところもあるので、その地域で有名なところに相談してみると良いでしょう。
とくに相談先を探す際には「法テラス」が有効活用できます。
法テラスは無料で利用できるだけでなく、各種法的アドバイスをしてもらえます。
このため、どこかに相談したい場合にはまずはこの法テラスを利用してみると良いでしょう。

 

○モラハラの深刻具合では離婚をおすすめしないことも
モラハラ以外にもいろいろな理由で離婚は起こりますが、モラハラが理由なだけで離婚するのはあまりおすすめできないこともあります。
離婚をすると様々なところで影響が出ますし、子供にも悪影響を与えることになります。
加えて、離婚費用などもかかってきます。

このため、モラハラが本当に深刻なのかは検討しておくのが大事です。
モラハラ自体はずっと昔からあるものですし、誰もがこうしたことに耐えてきたものです。
ちょっとしたことで離婚をすると後悔することもあるので十分に検討しておくことが必要でしょう。

 

離婚が失敗するケースとは

離婚をしても成功する保証は全くありません。
離婚をしたことを後悔するなんてことも生じますが、「感情に駆られて離婚をした」ために離婚に失敗するケースは多くなっています。

○一例
夫婦喧嘩などをしたために離婚をすることは多いですが、こうした離婚は失敗することが多いです。
離婚をした後に「こんなはずではなかった」と後悔しても後戻りできません。

◆他に、離婚時に多大な出費が生じることもあります。
例えば、親権などで争うこともありますし、財産問題でも揉める事があります。
こうした出費のために離婚を後悔する人は少なくないのです。
どのくらい費用がかかるかはケースバイケースですが、場合によっては1000万円以上も離婚をするためにかかってしまうなんてこともあります。
これは極端なケースですが、離婚にはどうしても費用がかかることは理解しておきましょう。
「自分たちは弁護士事務所を利用しないからお金がかからない」と考える人もいますが、この際にも引っ越し費用や名義変更費用などが生じてくるのです。

◆また、離婚をした後に再婚相手が見つからなくて後悔することもあります。
年をとってから離婚をすると、再婚相手も全くいなくて孤独なまま死ぬこともあります。
独り身で死ぬのは惨めなこともあります。

離婚した後に子供が非行に走ってしまって「離婚すべきではなかった」と悔やむ人もいます。
これは決して珍しいケースではなく、離婚をしたために家族関係が崩壊することはかなり多いのです。
離婚は両親よりも子供に精神的に大きな影響を与えることになることも特徴でしょう。
このため、子供のことを一番に考えるのであれば離婚は基本的に考えるべきではありません。

離婚をしたために会社などで評判が悪くなることもあります。
離婚をすると「結婚生活もまともに送れない」といったような烙印を押されることもあるのです。
また、離婚によって友人関係などがぎくしゃくすることもあるでしょう。
これも離婚のデメリットの一つになっています。

離婚するのに長引くケースがあることも覚えておきましょう。
なかには数年単位に及ぶなんて事例もありますが、裁判がこじれるとこうしたことも起こります。
この間は精神的なダメージもありますし、お金もかなりかかってきます。
離婚はこうした難点もあるのです。

離婚結果に満足できないこともあるでしょう。
離婚裁判によって財産問題は解決できますが、分配方法に疑問が残ることもあります。
他に、離婚時に自宅を失ってしまうケースもあります。
このように離婚結果は様々ですが、どのようなことが起こってもいいように覚悟しておかないといけません。

このように離婚が失敗してしまうことは決して少なくありません。
だからこそ離婚をする前にはじっくりと検討しておく事が大事でしょう。
もし迷っているという際には弁護士事務所でもなんでもいいですからまずは話をしてみるというのも必要です。

サイト内検索
東京の離婚弁護士5選
丸の内ソレイユ法律事務所
弁護士法人心
ネクスパート法律事務所
東京離婚相談.com(河合安喜法律事務所)