東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

離婚話を切り出した方が不利になる?慰謝料は発生するの?

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/06/23


「離婚したいと思っているけれど、話を持ち出した方が不利になったりするのかな?」「離婚話を始めたことによって慰謝料が発生することはないのかな?」配偶者との将来について悩んでいる人の中には、このような不安や悩みを抱えている人も数多くいます。今回の記事ではそのような人のために、離婚話を切り出すことにまつわる疑問を解消していきましょう!

離婚話を切り出したら不利になる?

離婚話を切り出したからといって、それからの話し合いなどが不利に進められるようなことはありません。あなたが「離婚話は切り出した方が不利な状況に置かれる」「離婚話を切り出せば慰謝料を請求される」と考えている、あるいはそんな話を耳にしたことがある、というのならばそれは誤解です。

離婚問題はどちらが先にいい始めたか、ということに重きが置かれるものではありません。状況によって不利な人は自わから切り出さなくても不利になり、有利な人は自ら離婚を切り出しても有利にことが進みます。この点においてのみ、離婚話を持ち出すことに不安を感じているのなら何も心配する必要はありません。発生する他の問題を考えることや離婚に向けて動き出すことに、エネルギーを使うほうが賢明だといえるでしょう。

離婚話を切り出した後の予想される流れ

自わから離婚を切り出す場合、その後の流れを知っておくことは今後の生活を考える上でも役に立ちます。ここでは状況ごとに、予想される流れについても解説しておきましょう。まずは、自分にも相手にも不倫やDVなどの有責性がない場合から考えていきます。この場合、離婚には相手の合意が必須です。そのため、相手が離婚に応じてくれないときは話し合いを重ねる必要があります。

まずは協議離婚を成立させることを目指しましょう。それでまとまらなければ、調停離婚の段階に進みます。そこでも決まらなければ、裁判離婚にまで発展させなければなりません。法律上、離婚の原因として認められるものがない場合には、この裁判まで行ったとしても合意なくして離婚はできないのです。

相手が離婚に応じてくれるときは、条件が鍵になってきます。「離婚はするがその条件では応じられない」と相手が交渉してきた場合には、こちらも調停や訴訟になることがあるのです。ただし、そのような場合でも離婚を切り出したことが不利に働くことはないため、条件を無理に譲る必要はありません。

次に、有責性がある場合についてです。自分に有責性があるなら、離婚話を切り出す・切り出さないに関わらず、離婚には慰謝料が必要になるでしょう。また、相手が離婚に応じない場合、訴訟を起こしたとしても離婚は認められません。そのため、高い慰謝料を求められたり婚姻費用を求められたりする可能性もあります。

このような場合、後先考えず離婚を切り出してしまうのは危険であるといえるでしょう。冷静になってよく考えた上で対策を立て、目途がついてから話を切り出すことをおすすめします。

逆に相手に有責性があるなら、問題は有利に進んでいくものです。この場合なら相手が離婚に応じなかったとしても訴訟で離婚まで持っていくことが可能で、慰謝料を請求することもできます。このように、離婚話は相手や自分の状況によっても変わってくるのです。現在相手と自分がどのような立場にいるのかは、一度改めて考えておくとよいでしょう。

離婚話を切り出しても慰謝料は発生しない

最後に、実際に離婚話を切り出すなら気になる慰謝料についても知っておきましょう。慰謝料とは精神的な苦痛に対して支払われるものです。相手に精神的苦痛を与えた人にのみ、慰謝料を支払う義務が発生します。そのため、自分に有責性がないのであれば離婚を切り出しただけで慰謝料が発生することはありません。

また、相手に有責性があるのならば、離婚を切り出しても慰謝料を請求できます。ただし、相手に悪いところがなく離婚をしたくないと主張している場合には、離婚を切り出した側が解決金を支払う、というケースも存在するようです。

しかし、解決金に関しては、離婚話を持ちかけた側が必ずしも支払わなければならないというものではありません。離婚に納得してもらうためのお金、スムーズに問題を収束させるためのお金、というようなイメージです。前段でも説明した通り、相手に有責性がない場合、離婚には合意が必須になります。合意に向かうための必要経費として解決金というものが利用されることもあるため、自分の離婚に当てはまりそうだという人は覚えておいて損はないでしょう。

 

離婚話を切り出したというだけで、今後不利になるようなことはなく、慰謝料が発生するわけでもありません。自分が相手との結婚生活によって苦痛を感じているなら、とくにですが冷静に判断をして離婚に向けて動き出すのがよいでしょう。離婚問題の進め方がわからないなら、弁護士に相談してみるのがおすすめです。無料で相談を受け付けている法律事務所もたくさんあるため、自分の未来のために一歩踏み出してみてください。

東京でおすすめの法律事務所一覧表

イメージなごみ法律事務所の画像丸の内ソレイユ法律事務所の画像弁護士法人心の画像東京離婚相談.com(河合安喜法律事務所)の画像ネクスパート法律事務所の画像
会社名なごみ法律事務所丸の内ソレイユ弁護士法人心東京離婚相談.com(河合安喜法律事務所)ネクスパート法律事務所
対応時間(平日)10:00~20:00
問い合わせフォーム24時間
(平日)9:00~18:00
問い合わせフォーム24時間
(平日)9:00~22:00
(土日祝)9:00~18:00(要予約)
(平日)9:00~20:00
(土曜)10:00~15:00
(平日、土日祝)9:00~21:00
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
離婚弁護士関連コラム