東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

離婚の財産分与とはどのようなもの?弁護士に相談しよう

離婚問題はデリケートで、慰謝料を請求したり、親権をどちらが獲得するのか、こうした問題もあるようです。

また財産分与とはどのようなものなのか、知っておかなければならないこともあります。

そのようなとき専門家は法律事務所に籍をおいていて、相談から依頼、アフターフォローまでおこなってくれるようです。

 

財産権とはどのような内容なのか

離婚問題に関して毎月、慰謝料請求や親権についての問題解決に、東京の法律事務所には相談が相次いでいるようで、実績が豊富となる法律事務所に相談するのが大事になります。東京裁判所だけでなく、全国から解決してほしい相談者がサポートを受けていますが、それは、依頼者の配偶者に非があり、交渉などをおこなう必要が出てくるからです。

浮気が原因ともなれば慰謝料請求、子供がいるならば養育費の請求は必要です。それだけでなく、今後の生活のことを考えれば、交渉内容を退職金に変更した財産分与をすることも可能になるようです。

このように、なるべく有利に進めるためには、東京で実績のある法律事務所に依頼をしましょう。こうした交渉に強い弁護士がそろっていますし、なにより、依頼者の利益を優先に真剣に取り組んでもらえます。

もちろん、双方で話し合いの場を持ち、それでも解決しない場合に利用することで、ムダに費用をかけることもないでしょう。特に、夫婦だけの問題ではなく、2人の間に子供がいるのならば、弁護士が籍をおく法律事務所を利用してもよいかもしれません。

 

3つの分配内容を互いに知っておこう

離婚を前提にしているならば別居するのが基本ですが、財産分配もしないといけません。ですが話し合いがもつれることがあって、調停などにならないためには、別居する前に夫婦で話し合っておく必要があります。

例えば、住宅を取得していれば住宅ローンが残ることもあり得るでしょうが、債務となれば財産権の問題を素人では解決できないようですから、やはり法律家に相談するのがよいでしょう。ここでいう財産分与とは、民法768条1項によれば、婚姻生活中に夫婦で協力して築いた財産を、それぞれの貢献度に応じて分与するという内容です。

共有財産ですから法律的にも請求ができるようです。また、分与は精算・扶養・慰謝料の3つに分けて考えるようです。

例えば、清算的というのはさきに述べたような分配内容です。しかし、協力(共同)して形成した財産でないのならば、清算対象から除外されるようです。対象となるものは、不動産や預金債権、有価証券などです。

また、扶養の言葉どおり、生活が苦しくなってしまう配偶者に対しての分与も請求できます。おもに、専業主婦での事例が多いようで、経済的に弱い立場にあれば、自立できるようにそれまでの期間援助、という趣旨があるようです。

この分与が認められるのは、請求する側の配偶者に扶養が必要で、かたや扶養するだけの能力というのが請求された側にあることが必要との話しです。

 

難易度が高いからこそ専門家に相談

また、慰謝料請求の話しは離婚問題ではよく耳にする内容です。浮気などの有責行為により、心が病んでしまうこともあり、精神的な苦痛を受けたのなら財産分与も含めて慰謝料請求することができます。

どんな場合に請求ができるのか、どんな場合に交渉の優位性があるのか、素人では判断ができないからこそ、弁護士が介入してくれます。

例えば、専業主婦(主夫)だけでなく、共働きをしていた夫婦もいるでしょう。どれくらい分与されるのかが気がかりです。事業に協力していたケースも踏まえて、原則、50%の貢献度が認められています。

また、離婚してから請求ができるのかも気になるのではないでしょうか。原則、成立日から2年以内に裁判所に申し立てをすることで請求可能です。

ですが、債務の問題などもあって、複雑な判断が必要になるケースも実際にあります。依頼者となる配偶者が子供を引き取ったとしても、元夫と子供の親子関係は残されています。

財産関係がどうなるのか気になるはず、どれだけ長年夫婦生活を続けてきても、手続きをしておかないと、万が一、元夫の命のともしびがつきたとき、一切受給されない場合もあるようです。不利にならないためにも、夫婦間でトラブルにならないためにも、子供の将来を守るためにも専門家に相談しましょう。

 

離婚の財産分与とはいっても、それぞれの状況によって3つの種類に分けることができるようで、素人では判断や解決するには、手続きや交渉の問題もあってややこしいようです。だからこそ、東京にはこうした問題を専門的に、得意分野とする弁護士がいます。

相談も無料にておこなうこともできるようで、共同の財産があるのならば、損をしないためにもまずは相談することから始めましょう。知恵やアドバイスなどから、交渉までおこなってくれます。

サイト内検索
離婚弁護士関連コラム