東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

離婚届の記入方法と必要書類を提出する際の注意点

離婚届の記入方法と必要書類を提出する際の注意点

 

離婚をする際には離婚届を提出しないといけないことは誰でも知っています。
しかし、その記入方法について詳しく知っている人はそこまで多くありません。
一体、離婚届を提出する際にはどのようなことに気をつけておかないといけないのでしょうか。

 

離婚届はどうやって記入すればよいのか?

まず、離婚届自体は役所で手に入れることができます。
離婚届はネットでダウンロードできるような役所もあるので、自分の役所がどのようなシステムなのかまずは問い合わせしてみると良いでしょう。
離婚届は書き損じることもあるので何枚かもらっておくと良いでしょう。

○記入方法
離婚届の記入の仕方についてですが、これはそこまで難しくありません。
記入内容も住所や氏名などの基本的な情報が主です。
とはいえ、結婚日などのような情報も必要になることがあるので、婚姻届の写しが手元にあると便利でしょう。
◆他に、離婚届には印鑑も必要になってきます。

 

○ポイント
離婚届は夫と妻双方の同意の下で記載されないといけないこともポイントです。
離婚は夫もしくは妻の独断で決めるということはできません。
このため、別居などをしているという際でも離婚届だけは一緒に作成するようにしましょう。
もしも離婚届に署名してもらえないといった場合には弁護士事務所などに相談することも必要になってきます。
とはいえ、こうした問題は内輪で解決するのが一番です。

◆ちなみに、離婚届のフォーマットも微妙に異なってくることがあります。
このため、上記で紹介した内容を鵜呑みにするのは危険です。
やはりその役所の書き方の例にならうのが安全でしょう。

離婚届を提出したら基本的に後戻りできません。
結婚は離婚をすることで取り消せますが、離婚を取り消すことは基本的にできないのです。
このため、離婚届を提出する際には本当に離婚する気が双方にあるのか確かめておくと良いでしょう。

こうした離婚届を提出する以外にも、離婚の際にはしないといけないことも多いです。
例えば、氏名変更や住所変更などが必要になってきます。
各種関係先に連絡もしないといけません。
このように離婚時にはやることが多いのでチェックリストにまとめておくと良いでしょう。

 

離婚が終わるまでにどのくらい長引くのか

○離婚にかかる期間
様々です。
離婚もかなり時間がかかることもあれば短期間で終わることもあります。
例えば、特に分配すべき財産などもなく、双方で離婚について考えがまとまっている場合には単に離婚届を執筆して提出すればそれで終わりです。
この場合には数日で離婚問題も解決します。

 

○離婚時は何かと揉める
しかし、離婚の際には何かと揉めるのが通例であることを理解しておかないといけません。
◆例えば、離婚の際には財産問題で揉めることがあります。
財産が多ければ多いほどにこうした問題は厄介なものになりがちです。

住宅もどのように処分するかはかなり悩むところです。

◆これ以外にも、そもそも離婚するかどうかについて揉めることもあります。
このように揉めることも多いため、かなり時間がかかることもあるのです。
例えば、話し合いですべて決まるような場合には数日で終わっても、裁判が絡む場合には数ヶ月以上も離婚だけでかかることがあります。
離婚裁判も長期化すると数年もかかることもあるので気をつけましょう。

○離婚する必要があるか話し合う
◆離婚にはこのように時間がかかりますが、本当に離婚が必要なのか考えてみることも大事です。
離婚も場合によっては必要とないようなこともあります。
離婚にかかる期間も考慮しておかないといけません。

◆離婚をする際にはじっくりと離婚について考える時間を設けてみることも大事です。
勢いだけで離婚すると後悔することにもなりかねません。
このため、これから離婚をするといった場合にはクールダウン期間を設けてみると良いでしょう。
例えば、夫婦喧嘩したらまずは離婚するよりも別居によって問題解決するようにすることもありです。

別居をすることでお互いの距離もとれて冷静に問題も考えやすくなります。
別居を模擬離婚と考えて離婚した後の生活を体験してみると良いでしょう。
別居することで「寂しくてたまらない」「一人ではできないことも多い」と考えなおすこともあるかもしれません。
実際、別居したことで問題解決に至るケースはなかなか多いものです。
別居で問題解決できるようならばそれに越したことはありません。
こうした別居をより効果的に進めるためにも定期的に話し合う機会を設けるといったことも良いかもしれません。
とはいえ、別居が全くうまくいかないこともあります。

 

○必ずしも仲介が必要なわけではない
離婚問題はすべて自分たちで解決するといったこともできます。
例えば、財産問題なども必ずしも弁護士事務所の仲介が必要なわけではありません。
特に財産がなく話し合いだけで離婚がまとまるようであれば内輪で問題解決したほうが一番よいでしょう。
いずれにしても選択肢はいろいろありますから検討してみると良いでしょう。

サイト内検索
東京の離婚弁護士5選
丸の内ソレイユ法律事務所
弁護士法人心
ネクスパート法律事務所
東京離婚相談.com(河合安喜法律事務所)