東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

離婚しても遺族年金はもらえるのか?

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/11/29


子供がいるご家庭も、夫婦の関係が悪くなることで、別れてしまう可能性がありますが、子供の生活の事をしっかりと考えて、備えていく事が求められます。

養育費の支払いなど、お金の事をきちんと話し合う事は大事ですし、年金が子供のために使われる可能性もあります。

子供を守るための備えは必要です

遺族年金は、死亡した時に妻や子供のために支払われる年金であり、家族の生活を守っていくための重要なお金となります。

離婚した後、元夫が死亡した場合、元妻に支給されるか知りたい方も多いですが、元妻に支給されることはありません

しかし、家庭の状況によっては、年金を受給できる場合もあるため、きちんと調べておくことは重要になります。

例えば、元夫が再婚をしておらず、元妻の子供がまだ18歳未満の場合、元夫との間に、生活費や養育費などの経済的援助がおこなわれていた時は、遺族に該当し、年金受給者となる場合があります。

年金を請求する場合、養育費などの支払いを確認できる通帳など、証明できる物をきちんと用意する事も大切なポイントです。

領収書などを捨ててしまう方もいるため、大切な証拠となる物は、なくしてしまう事のないように、きちんと保管する事が求められます。

証拠がきちんと残っていれば、子供に遺族年金が支払われることになるため、養育費の支払いは子供名義の口座にしておくなど、もしもの時の事を考えた備えも重要です。

年金に関して、分からないことが多い方もいますが、いろんなケースをチェックしながら、自分たちの家庭にも当てはまる事がある場合、年金を受け取れる方もいます。

子供の生活を守る事を考えて、元妻、元夫それぞれが養育費や年金の事を調べて、対応できるようにする事も大事なポイントです。

養育費の事を考えた話し合いに注目です

夫婦間の問題の解決が難しく、別れる時に親権を放棄する事になる方もいますが、養育費をきちんと払う事は重要です。

子供がまだ小さい場合、10年以上長く養育費を支払い続ける方もいるため、きちんと費用を計算して、備えを進めていく事が必要になります。

子供の人数によっても、養育費は異なってきますし、子供の状況によって、費用が高くなることもあるため、きちんとお金の計算を進めていく事が求められます。

浮気が原因で別れる夫婦も多く、養育費だけではなく、慰謝料も支払う必要がある方もいるため、さらに費用が高くなることもあります。

夫婦で話し合っても、問題が解決しないケースもあり、親権の事でトラブルになったり、慰謝料でもめてしまうこともあるため、弁護士に相談をして、問題を解決するためにサポートしてもらう事も大事です。

夫婦間でもめごとが長く続くことで、ストレスが溜まってしまう方も多く、精神的な負担は大きくなってしまうため、弁護士に依頼して、プロのサポートを受ける事をおすすめします。

相談をする事で、安心感を持つことができる方もたくさんいますし、プロのアドバイスで、問題を解決するために前に進めていく事ができるようになります。

養育費を支払う方にとって、子供のために使ってもらう事は重要ですが、せっかく支払った養育費が他の事に使われる可能性もあります。

また、夫婦がそれぞれ別々の生活を始める事で、養育費が全く必要ない状況の時も、知らないまま支払い続ける場合もあるため、注意が必要です。

養育費の支払いや金額に関しても、分からないことが多い方は、弁護士に相談をして、安心できるかたちで、お金の事を決めていけるようにする事が求められます。

早く問題を解決するための法律相談は大事です

離婚問題が長く続くと、お互いにストレスを抱えてしまう事になりますし、弁護士にサポートしてもらう場合も、問題解決まで時間がかかると、費用がかかります。

夫婦間の問題解決の実績がある法律事務所を見つけて、相談をする事により、頼もしい弁護士を見つけて、早く問題を解決できる場合があります。

法律事務所を見つけて、すぐに依頼をするのではなく、じっくりと話を聞きながら、相性の良い弁護士を見つける事も大切です。

デリケートな問題を話す時は、秘密をしっかりと守ってくれることが必要ですし、料金でトラブルが発生する事も避ける必要があります。

複数の法律事務所を比較していることで、価格の相場を把握したり、より良い条件で弁護士に依頼できるところを見つける事ができるチャンスも作れます。

比較サイトを活用する事で、ランキング形式で評判が良い法律事務所をチェックする事ができ、それぞれの特徴を把握しやすくなります。

アフターケアも充実しているところを見つける事で、別れた後も、気になる事を気軽に相談できるようになるため、安心感を持てます。

離婚する前だけではなく、別れた後もお金に関する事でトラブルが起こらないように、弁護士にサポートしてもらいながら、養育費や慰謝料の事を決めていく事は重要になります。

別れた後も、遺族年金が支給されるケースとされないケースもきちんと把握していることで、もしもの時に備えていけます。

サイト内検索
離婚弁護士関連コラム