東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

離婚するのにベストなタイミングは?

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/17

夫婦で別れ話をしても、相手が分かれる理由をすぐに理解できない場合もあるため、お互いに考える時間を作る事も大事です。

別れた後の生活プランをきちんと考えていく事も重要なので、お金の事も含めて、問題を解決できるように、弁護士のサポートは重要になります。

 

夫婦それぞれが考える時間を持つことが大切です

夫婦関係は、新婚の時の恋人同士のような関係を維持するのは難しく、年月が経過する事で、二人の関係が冷めきってしまう事もあります。

しかし、家族としてお互いに支えあっていく事で、夫婦の絆も深めていく事ができ、仲の良い夫婦も多いため、お互いにしっかりとコミュニケーションを取る事が大事です。

浮気や借金など、どうしても許せないことがあると、離婚をすぐに決断したくなる方も多くいますが、人生に大きな影響を与える決断となるので慎重にならなくてはいけません。

別れた後の生活は、大きく変わる方が多いため、生活で必要なお金の事も含めて、しっかりと話し合って決めていく事が求められます。

ベストなタイミングとして、すぐに結論を出すのではなく、半年間など、ある程度考える時間や準備をする期間を設ける事をおすすめします。

すぐに別れたいという気持ちを相手に伝えても、納得してもらえない場合もあるため、相手にも考えてもらう時間を作る事が大事です。

相手に自分の気持ちを伝え、別れるか夫婦関係を修復するかをお互いに考えていく時間を作れば、数か月や半年間などの期間に、真剣に考えて決めていけるようになります。

その期間、別れる決意ができた方は、別れた後の生活をしっかりシュミレーションする事で、どのくらいのお金がかかるのかをきちんと考えて、準備を進めていけます。

専業主婦をしていた方は、仕事を見つける必要があるため、就職活動をする期間を用意する事も大事なポイントになります。

もちろん、お互いに考える期間を設ける事で、ケンカで感情的になっていた女性側が、気持ちを落ち着かせて、冷静に夫婦で話せる時間を作れる場合があります。

夫婦関係を修復できるように、お互いが努力をきちんとできれば、夫婦で再出発をする事ができる可能性もある事にも注目です。

 

お金問題を解決する事も必要になります

別れる場合、夫婦で生活を続けている間、貯めてきたお金や浮気をされた場合の慰謝料など、お金の問題をきちんと解決する事が求められます。

結婚と違って、離婚はもめごとが多くなるケースが増えるため、すぐに決断をするのではなく、慰謝料や財産分与の請求をする準備期間が必要になります。

パートナーがお金を払いたがらない問題が起きる可能性もあるため、弁護士に相談をする事で、慰謝料の増額につながるなど、有利な条件で話を進めるチャンスを作れます。

暴力の問題など、相手にはっきりとした問題がある場合、自分自身の身を守るために、別居をして、お互いのこれからを考える時間を作る事も大事です。

相手と再び会う事に不安を感じている方も、問題をスムーズに解決できるように、弁護士がサポートしてくれるので心強い存在となります。

長年夫婦生活を送っている方の中には、相手への不満に我慢を続けているケースも多く、熟年離婚となるケースもあります。

別れ話を進める際に、ベストなタイミングとして、夫が退職する際に別れ話を進める事により、退職金によって慰謝料や財産分与が見込まれるため、老後の生活を考えて待つことも大事です。

お金をできるだけ多く貯めておくことができれば、生活のプランを立てやすくなり、安心して新生活を始められるようになります。

また、子供がいる場合、子供の事もしっかりと配慮しながら、決めていく事が求められるため、子供の受験前は別れ話を控えるようにするなど、子供の生活も重要視するべきです。

苗字が変わる事で、子供のいる環境にも悪影響を与えてしまう恐れがあるため、子供の年齢もしっかりと考慮しながら、決めていくことをおすすめします。

 

証拠をきちんと残すことも重要なことです

浮気で別れる事を決断する場合は、相手の浮気の証拠を提示する事ができるように、準備を進める必要があるため、調査をする期間も必要です。

自分で必要な書類を用意するのが難しい場合でも、探偵事務所に依頼をして、必要な証拠を集めて、弁護士に相談をする事もできます。

法律の詳しい知識を持たない方も、相手の浮気の行為や慰謝料請求など、知りたいことを弁護士に質問することで、分かりやすく説明してくれます。

相手の暴力が問題で別れる場合でも、その証拠をきちんと残しておくことを忘れないようにする事が求められます。

証拠がある場合とない場合とでは、別れる時の条件が大きく変わってくる可能性があるため、証拠をきちんと残せるように情報収集を進める期間を作る事にも注目です。

 

別れる場合、その後の生活を考えるとお金の問題はきちんと解決する事が必要になります。

夫が定年退職する場合、退職金によって慰謝料や財産分与が見込まれる場合もあったりと、良い条件で話を進めていけるように、タイミングを見極めていくことが大切です。

サイト内検索
離婚弁護士関連コラム