東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

離婚後の子供の養育費について

離婚後の子供の養育費について

 

離婚する際には離婚後のことを考えておかないといけません。
例えば、離婚後の養育費についてはしっかりと検討しておきたいところ。
子供の養育費はかなりかかることもありますが、実際にはどのくらい費用的に見ておけば良いのでしょうか。
ここではこうしたポイントについて詳しく押さえておきましょう。

 

離婚と養育費について

離婚をする際に親権を放棄することもあるでしょう。
こうした場合でも養育費は支払わないといけないことがあります。
離婚をすれば問題はすべて解決すると思ってしまう人もいるかもしれませんが、養育費について忘れてはいけません。
養育費は時には10年以上もの長期にわたって支払わないといけないこともあり、離婚諸費用の中では最も費用的に高くなることがあるのです。

〇養育費の目安
ですが、養育費は子供の数などによっても変わります。
加えて、子供の住んでいる地域や子供の年令によっても養育費は変動します。
目安としては子供一人につき一年換算で50万円から100万円程度かかるものと考えておくと良いでしょう。
これはあくまで目安であり、子供の状況によっては更に費用的に高くなることも。

〇慰謝料を払わなければならないことも
また、養育費以外に離婚時の慰謝料を継続して支払わないといけないこともあります。
離婚の慰謝料は時には1000万円を超えるなんてこともありますから、慰謝料+養育費のダブルパンチで家計的に大変苦しくなることもあるのです。
これも離婚時には検討しておかないといけません。
このように支払った養育費は有効活用されるとも限りません。
せっかく支払った養育費が他の用途に用いられることもあります。
また、養育費が全く不要な状況であるにも関わらず、養育費を継続して支払わないといけないこともあります。
養育費はこうした厄介な点も多いため気をつけておきたいところです。
養育費を支払うのが嫌なのであれば親権を獲得しておくのが大事です。
親権を獲得すれば子供を自分で育てられますし、養育費の不安もなくなります。

〇弁護士に相談
いずれにしても養育費や親権が関わる場合には弁護士事務所に相談するのが基本です。
養育費や親権については法律的にかなり入り組んでいることもあり、プロのアドバイスが必要になってきます。
弁護士事務所に相談するのは数十万円単位で費用がかかりますが、その後の数十年間も養育費を支払うよりは良いでしょう。
弁護士事務所に頼めば養育費についても面倒を見てもらえますから、まずは相談してみることが大事です。

 

離婚によって子供に多大な迷惑を与えることが多い

〇離婚は家族の問題
離婚は夫婦間の問題ではなく家族の問題として考えることが大事です。
例えば、離婚することによって子供にも多大な迷惑を与えかねません。
まず、離婚によって引っ越しや転校が必要になってくることがあります。
これによって子供に不便を与えるばかりでなく、余計な費用も生じます。
離婚の手続きは費用的に高くつきますが、離婚費用によって子供の教育費用がなくなるなんてこともあるでしょう。
これに加えて、離婚手続き中は子供の面倒もしっかり見ることができません。
このために、ネグレクトが生じることもあるので気をつけましょう。

〇子供に与える精神的なダメージも忘れてはいけない
子供が幼ければ幼いほどに両親が離婚するダメージも深くなってきます。
父親、母親がいないまま育つと精神的なダメージを受け、健全に成長できずに不良などにもなりやすいこともあるかもしれません。
このようなデメリットも多いですから、離婚時には自分たちのことだけでなく子供の意見も聞いておくと良いでしょう。

〇最悪の場合、親権を父親、母親とも放棄するなんてことも
この場合には子供も施設送りになりますが、施設に送るのだけは避けておきたいところ。
施設では良い教育も受けさせられませんし、高い確率で非行に走りやすくなってしまうことが増えてきています。
このため、施設送りにするくらいならば辛くとも離婚を控えるほうが子供のために良いこともあるのです。
もしも子供に迷惑をかけるのが嫌なようであれば別居などの方法を検討してみるというのもありです。
別居などをすることで新たな解決策が見つかるかもしれません。
逆に感情にかられて離婚をすると後悔することも多いものです。
このように離婚をしても子供に良いことはほとんどありません。
このため、子供のことを再重視するのであれば離婚はしないのが大事です。
それでも離婚をするというのであれば離婚後の結果に責任を持てるようになっておきましょう。

〇離婚について迷っているという場合にも弁護士事務所は活用できる
弁護士事務所に相談すれば数々の選択肢を紹介してもらえますから、とりあえず弁護士事務所に行ってみるのも良いでしょう。
また、弁護士事務所で弁護士に話をすることで気持ちが晴れ、考えがまとまることもあるかもしれません。
離婚はいつでもできますから、離婚をする前には十分に気持ちを整理しておくことが必要になってくるのです。

サイト内検索
東京の離婚弁護士5選
丸の内ソレイユ法律事務所
弁護士法人心
ネクスパート法律事務所
東京離婚相談.com(河合安喜法律事務所)
記事一覧