東京で離婚に関する様々な問題解決を得意とする弁護士(法律事務所)をご紹介

さかきばら法律事務所

【詳細】

会社名:さかきばら法律事務所

住所:〒102-0074 千代田区九段南4-6-1 九段シルバーパレス301

連絡先:03-3512-0536

 

 

 

 

離婚問題やDV問題など誰に相談すれば良いのか分からない案件であったり、離婚する際の慰謝料や財産分与などは専門に扱っている法律相談所に相談することが大切です。

さかきばら法律事務所では離婚裁判や離婚の際に発生する慰謝料や財産分与の他に、親権や養育費などさまざまな面で相談にのってもらうことができます。

専門的に扱っている弁護士事務所である為、精通した弁護士が最新の法律に基づいて的確な専門情報を提供してくれます

 

離婚が認められる為に必要な要件

離婚裁判を起こす際にはどのような案件であれば離婚を認めてもらうことができるのかを知ることが大切であり、専門知識を持った専門家に相談することが大切です。

さかきばら法律事務所では離婚に関する知識が豊富な弁護士がそろっており、的確な裁判の方法へと導いてもらうことが可能です。

裁判では法律上離婚を認めてもらうことができるか否かが分かれてきますが、不貞行為や悪意の遺棄、3年以上の生死不明や強度の精神病などを必要とします。

またその他婚姻を継続しがたい重大な事由が必要となりますが、これらは個人で判断することが難しいので、専門家に相談してみることが必要です。

離婚を考えている人だけではなく配偶者から離婚裁判を起こされた人に対しても適切な助言をおこなってサポートをしていきます。

自分から離婚を切り出す場合にはさまざまな準備をしておくことができますが、相手側から離婚裁判を起こされた場合には早急に準備をしなくてはなりません。

個人では何を準備しておけば良いのかが分からないと同時に、離婚裁判でどのような展開になるのかすら分からないという人がほとんどです。

専門的に離婚裁判を扱っているさかきばら法律事務所の担当者であれば、迅速に裁判へ向けての準備を行うと共に流れを説明してもらうことができます。

法律事務所選びをする際にはどのような目的で弁護士などの専門家が必要になるのかによって、それらの分与に長けた専門家のいる法律事務所選びをすることが重要です。

 

離婚をする方法や流れを知っておく

離婚を行う方法にはさまざまな方法があり大きく分けて6通りの方法があり、適正な方法によって離婚を行うことが重要です。

合意して離婚届に署名捺印をして役所に届ける方法として協議離婚がありますが、公正証書によって離婚を取り決める場合にも協議離婚によります。

家庭裁判所で話し合いを行って離婚する方法として調停離婚がありますが、男女2人の調停委員と裁判官の3人からなる調停委員会が当事者の話し合いをサポートします。

審判官が審判で離婚を命ずる方法として審判離婚があり、この方法ではいずれか一方から異議を唱えられると確定しない特徴があります。

この方法による離婚はあまり利用されていませんが、法律事務所の専門家によってはこの方法が最適な方法であると考えるケースもあります。

裁判官が判決で離婚を命ずる方法として判決離婚がありますが、この方法は離婚の最終手段として行われており専門家によるサポートが重要になります。

裁判によって離婚を行うことになるので弁護士の代理人をつけないと圧倒的に不利になってしまうので、法律事務所選びから始めることが重要になります。

離婚裁判の場合にはお互いに言動を非難しあうのが普通でありストレスが高く、長期化する可能性があり財産分与などで複雑化することがあります。

裁判中に和解をして合意によって離婚する方法として和解離婚があり、和解調書には財産分与などの経済条件なども記載することができます。

認諾離婚では離婚訴訟の被告が離婚を認めた場合に行われる方法ですが、親権者の指定や財産分与などの附帯請求のない場合に限り適用することができます。

 

気軽に相談することができる法律相談所

離婚に関する相談を法律事務所に行いたいと考える人の多くは、どの法律事務所へ相談すれば良いのか分からないという人が多くいます。

さかきばら法律事務所では気軽に電話で相談を受け付けており名前に併せて支障のない範囲で住所や電話番号などを伝えて相談する日時を決めます

相談内容を簡単に説明をしておくことで実際に相談を行う際に、専門分野の弁護士によって的確な相談をすることができます。

電話での予約受付時間は平日の月曜日から金曜日の9時から17時まで行っており、それ以外の日や時間であればメールにて受付を行っています。

面接相談の場合にはあらかじめ予約しておいた日時に事務所で相談を受けてもらうことができますが、この際にどのような質問をするかをまとめておくことが大切です。

あらかじめ相談したいことや事実経過を整理しておくことによって、相談時間を短時間で済ませることができるので相談料も安く済ませることができます。

基本的には事務所で行う面接相談が原則ですが、事情によっては電話相談も受け付けているのであらかじめ電話相談を行う日時の予約をすることが必要です。

電話相談の場合には事前に相談に必要となる相談料を送金しておくことが必要であり、どれだけの費用が必要になるかを確認しておくことが大切です。

一般的に相談料は午後6時までであれば30分ごとに5400円であり、午後6時以降になる場合には30分ごとに6480円が必要になります。

どうしても平日に相談することができない場合などには例外的に日曜日や祝日に相談を受けており、この際には30分ごとに6480円の相談料が必要になります。

 

離婚に関する知識や裁判に必要な準備について専門的な弁護士に相談することによって、効率よく離婚協議や離婚裁判を進めていくことができます。

さかきばら法律事務所では離婚に関する知識に長けた弁護士がそろっており安心して依頼することができると共に、明瞭会計で費用面でも安心して依頼することができます。

サイト内検索
離婚弁護士関連コラム